O脚サポーター・ベルトでの治し方

案内する女性医師
O脚を改善するグッズのひとつとして、専用のサポーターやベルトが販売されています。

身に付けるだけでO脚を改善するという文句で販売されているため、O脚の治し方の中では気軽に試してみることができるかもしれません。

サポーターやベルトにはさまざまなタイプがあります。

たとえば、股関節から膝まで螺旋をかくように覆うもの、膝関節を密着させるようなもの、ガードルのようなもの、骨盤の部分だけを覆うものなどがあります。

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大

締め付けないことが大切

O脚改善用のサポーターやベルトを購入する時は、次の点に注意しましょう。

サポーターやベルトは無理なく装着できるものを選びます。

装着することによって下半身が締め付けられているように感じたり、痛みがある、足がだるいなど感じた場合は使用を中止しましょう。

下半身を締め付けることは血流やリンパの流れを妨げ、かえってO脚を悪化させてしまいます。

また、就寝時に装着することはやめましょう。

こちらも血流が悪くなるので、かえって逆効果です。

O脚改善サポーターの効果

O脚改善サポーターを使用して、実際にO脚が改善された人は以外と多いものです。

O脚改善サポーターやベルトは、歪んでしまった骨盤を元の位置に戻すことと、ひねりを入れることで股関節から膝にかけてのねじれを改善するためO脚が治ったとともに、腰痛や肩・首のこりがよくなったり、お尻が引き締まったという効果もあるようです。

サポーターやベルトを装着するO脚の治し方では、使用上の注意をよく守ることが大切です。

足腰を締め付けることのないよう、時間を決めて使いましょう。

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大

bikyakuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする