男性とO脚

案内する女性医師
O脚といえば女性の病気のように考えられがちで、治し方も女性専用を謳ったものが多いですが、男性でもO脚の方はいらっしゃいます。

男性のO脚患者の方に今までフォーカスがあたらなかった理由は、本人に自覚がなかったり、女性に比べて服装の関係でO脚が目立たなかったからです。

しかし、近年は男性でも自分の脚の形に注目するようになってきました。

このような背景で、現在は男性の患者さんも多くいらっしゃるのです。

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大

男性のO脚は治るのか?

男性のO脚は、女性のO脚に比べて治すのが難しいと言われています。

男性の方が女性よりも筋肉が固いため、筋肉をほぐして骨盤の歪みや身体の歪みを治療していくのに時間がかかるのです。

そして、男性患者さんの方が女性患者さんと比べてせっかちに結果を求める傾向があります。

「同じ時期に治し始めたあの女性の方が自分よりも早く治っているのに自分は治らない」と、治りやすい女性と比べてしまい、治療をやめてしまう方もいらっしゃいます。

男性のO脚も、時間はかかりますが治し方はたくさんあります。

焦らずに続けていくことが大切です。

男性の隠れO脚

自分がO脚なのだろうか、と考えたことがない男性でも、O脚かもしれない可能性を探す簡単なテストがあります。

床に正座をしてみてください。出来ましたか?

出来る人は問題ありませんが、もし出来ない人がいたら、その人はO脚かもしれません。

正座が出来ない人は、太ももの外側の筋肉やお尻の外側の筋肉が強張って固まってしまっている可能性があります。

この辺りの筋肉が固くなってしまうと、膝関節にも負担がかかります。

結果、O脚になってしまう方が多いのです。

もし該当するようでしたらお早めにO脚の治し方を実践することをおすすめします。

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大

bikyakuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする