ヨガでのO脚の治し方

案内する女性医師
美容と健康にいいとして話題のヨガですが、O脚の改善にも効果的です。

ヨガはもともと古代インドで発祥した修行法でしたが、次第にエクササイズとして広がり、ダイエットや健康増進に適しているとしてさまざまなところで行われるようになったのです。

決められたポーズをとって静止するだけでO脚の治し方につながるなんて信じられないという人もいるかもしれませんが、毎日継続してヨガを行うことでO脚は少しずつ改善していきます。

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大




ヨガでのO脚の治し方

O脚の人に効果的なヨガのポーズは「下を向いた犬のポーズ」というもの。

四つん這いになって肩の真下に手を、足の付根の真下に膝をつけます。

足は肩幅に広げましょう。

お腹に力を入れていきを吸いながらお尻を持ち上げ、床と身体で三角形を描くようなポーズを取ります。

かかとを床につけ、腕と足をよく伸ばしましょう。

膝と足の甲をおろしたら、ももとお腹を引き寄せて座り、おでこを床につけるようにし、腕を耳の横へ持ってきます。

ほかにも「サギのポーズ」や「木のポーズ」などもO脚を改善するのに有効だと言われています。

ヨガの基本として、姿勢にも注意が必要です。

大切なのは、足の裏全体でバランスを取って立つこと。

O脚の人は土踏まずをつかないで立つことが多く、身体の重心が外側にズレてしまいがちなので、意識して足の裏を床につけて立ち、バランスを取るようにします。

ヨガはポーズを覚えれば自宅でも手軽にできて、血行やリンパの流れも改善されるという理想的なO脚の治し方です。

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大




bikyakuレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする