立ち方でO脚になる?正しい立ち方でスマートな脚に!

O脚の治し方コラム

女性はショルダーバックを肩に掛けるので、体の重心が均等にならずに傾きやすくなっています。

男性でも、街中を見ていると重心を片方に寄せてガニ股で立っている人がいますが、全てはO脚の原因になる立ち方なんです。

利き脚と言うものがあるので、体が利き脚に傾きやすいのは仕方がありませんが、自分で体の重心をずらすような立ち方をしていると膝が曲がってしまいO脚を酷くしてしまいます。

体の重心を片方に掛けてしまうのは、「体が楽」と勘違いしているだけで体のバランスが崩れているために重心を片方にのせてしまうのです。

これを繰り返していると、体のバランスが悪くなり背骨から骨盤も開いてしまいますから足が自然にO脚になっていきます。

普段真っ直ぐに立つ場合には、肩幅に足を開いて肩の力を抜きます。

お腹を引き上げるように、深呼吸をしてくれ力を抜いたスタイルがバランスの取れた立ち方になります。

無理に背筋を伸ばすと、お尻の突き出た猫背になってしまいますから気をつけましょう。

普段のさり気ない立ち方が、自分の脚をО脚にしていることに気が付けば自然と気をつかいますよね?

体の重心を片方だけにかけてしまうのは、体を歪ませるばかりでなく内臓に位置をもずらしてしまいます。

バス停や電車を待っている間の短い時間にも、少しだけ緊張感を持つと膝の位置もしっかりしますから意識してみましょう。

小さな積み重ねが脚をまっすぐにして、О脚を改善していくのです。

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大




bikyakuレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大