O脚改善矯正グッズの働き

O脚の治し方コラム

無理矢理脚を矯正するものではなく、インソールやサンダル等は歩き方を矯正する為のものです。

O脚の人は、踵が外側から踏み込む為に靴底の外側に力が入ってしまうので靴も外側が減りやすく曲がっています。

日本人の殆どが、外向きに脚を踏み出してしまうので内転筋が弱くなっています。

欧米人にはO脚が少ないのは歩き方が日本人とは違って脚の運びが真っ直ぐであることも理由のようです。

生活文化の違いではないかとも言われていますが、正しい歩き方をインソールやサンダルで矯正することによって出来るのがメリットではあります。

矯正グッズは簡単に歩き方を矯正しながら内転筋を鍛えられるのですが「履いている時だけ」自然に筋肉を使いますが、この時間だけで捩れてしまった筋肉が完全に治るわけではありません。

内転筋を鍛える事がそもそもの、矯正グッズの働きではありますがエクササイズと違って筋肉の奥深くまで働きかけるのは難しいのです。

O脚のままでいると、成長にも問題を引き起こす場合もあり特に成長期の子供はO脚で身長が伸びなくなっていたり、血行が悪くて栄養が体に行き渡らなくなるなどの弊害もあります。

矯正グッズはあくまでも「正しい歩き方」をする為のもので「O脚を治せる」ものではないことを頭に入れ、改善するための方法の一つと捉えておきましょう。

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大




bikyakuレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大