O脚にならない為の靴選び

O脚の治し方コラム
体が歪んでいると歩き方も歪んでしまいます。体を歪ませないのはO脚にならない、治すためにも大切なことですが体を支えている足を包み歩く靴もきちんとしたものを選ばなければ脚の歪みを酷くします。

体を支える足をサポートする筈の靴が合わないと、筋肉が歪んで硬くなってしまいます。これがO脚の原因にもなってしまいますから、普段履く靴が足にフィットしているかは非常に重要になるのです。

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大




足を疲れさせない靴を選ぶ

底の柔らかい靴は、重心がぶれやすくなりますからある程度の硬さが必要になります。踵のホールドがしっかりしていて脱げにくく安定感のあるものが好ましいですね。

ハイヒールは高くても5㎝まで。高すぎる靴は外反母趾の原因にもなりますし、体のバランスが取りにくいので長時間の歩行には向いていません。

海外の女性は通勤にスニーカーを利用するのは、自分の足を守りる為で歩くにはヒールは向いていないことを知っているからです。
通勤はローヒールを利用したり、スニーカーで足に負担を掛けない歩行がO脚を作らないために大切です。

重すぎたり、軽すぎたりする靴は足首に負担をかけてしまい筋肉を変形させてしまいます。

毎日の歩行に必要な靴は、自分の足を疲れさせない事が一番大切になりますから先ずは靴を見直していきましょう。

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大




bikyakuレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする