クッションを使ってO脚を改善するエクササイズ

O脚の治し方コラム
人間の体は重心が左右どちらかに傾いていることが多く、成人すると殆どの人が歪んでいるそうです。

特に女性は脚を組む事が女性らしいと考えるのか、カフェでも脚を組んで座っている人を見かけます。

あれは自分で脚を歪ませていると同じ事ですから、即刻やめてください。

脚を組むと、股関節が歪み骨盤が開いてしまいます。

骨盤が開いてしまうと、歩いた時に内腿の筋肉が使われなくなるので膝が内側に入っていきます。

これは自らO脚を作っていることと同じですから、この股関節の歪みを整えながら内転筋を鍛えて膝と脛の歪みを治し、O脚を改善していきましょう。

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大




 クッションを使ったO脚矯正エクササイズ

① 背筋を伸ばし真っ直ぐ立ったら、内腿にクッションか枕を挟みます。

適度な硬さと弾力のあるもので、又下から膝までしっかり挟めるものを用意してください。

② 挟んだまま片方の脚を反対にクロスします。

挟んだクッションを落さないように気をつけてください。

左右を交互に5回を10セット行います。

終ったらクッションを挟んだままでキープしましょう。

内腿の筋肉を鍛えながら、お腹とヒップにも効果があります。

10セット行うと、内腿の筋肉がぶるぶるします。

即効性はありませんが、筋肉を意識して下半身を鍛える事でO脚にはかなりの効果が期待できます。

自宅で簡単に出来ますし、エクササイズとしては「かなりハード」ですから、最初は出来る範囲で行い慣れて来たら回数を増やしていくと良いでしょう。

ダイエット効果もありますので、女性にはおススメですね。

スポンサーリンク
bikyakuレクタングル大




bikyakuレクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする